すきおお

好きなものが多すぎるオタクが長文を書き殴ります(略してすきおお)

しゃま to Chima

発表が早かっただけに待たされ感がありますね。

表題曲はアニメのOP。だから私には詩については語れません!アニメを見ていないから。

このテンポ感があってるかとかは見てる人が感じたままでいいんじゃないかなと。

 

私的に抑えたいポイントとして編曲が伊藤賢さんというところ。

WikiみたりTwitterのプロフィールを見るとわかりますが、JPOPの前線でも活躍されている方です。

アニメ関連もかなり手広くCUE!も手掛けていたり、ゲームではFF14...。

FFやってCUE!やって欅もやってと考えると凄まじいですよね。

テンポ感もやりすぎない感じがEmpathy以降の作品としてもgood。

アニメの制作会社が強くないからランティスサイドの主張が通りやすかったのかもですが、

楽曲を楽しみにしている人たちにとてもプラスだったのではないかな。

 

カップリングの2曲は共に

Chima、永見行崇のタッグ。

Chimaさんは本業はシンガーです。

永見さんはそっちで一緒にやってる方なので、

そちら側にグッと寄せた感じになってます。

 

そもそも系統として似てる部分が多いので、

相性バッチリなんですよね。

2人とも切ない儚い感じ。

麗奈ちゃんが歌うとしたらもう大きなステージ以外の選択肢がないですが、

Chimaさんの曲はライブハウスやカフェ、動画のような会場みたいに空間と一緒に聴いてこそと思っているので、いつかそういう機会があればいいなと思います。 

 

ここからは完全に余談ではありますが、

Chimaさんってキャリア10年になるんですね。

私結構前から知っていたんですよ。

Galileo Galileiのツアーでサポートに入った時はここからいい感じの追い風吹いていくと思ってました。

青い栞の2番とコーラス歌ってたんだよ…。最高よね。

rockinon.com

後のBBHF。若いね。

 

そしたらランティスに行ってしまって…。

ソニーが手放したのも残念でしたし、

本人のカラーと合うのかな…と。

 

オーイシマサヨシさんが長く弾き語りで下積みをしていたのは結構有名だと思いますが、

当時のファンの複雑な気持ちがわかります笑。

 

ただアニメタイアップもありつつも、これまでのご本人の活動も大事にされていると思うのでこのまま好きなようにさせて欲しいです笑。

岩井俊二さんとバンドもやってるので、アコースティックなサウンドが好きな人はチェックしてみてください。

 

余談が長すぎてしまった…。

アーティスト「上田麗奈」のプロジェクトは、かなり大事にそして丁寧に歩んでいっていますね。

本人の人柄と音楽性も相まって、普段届かない人にも届いている気がしています。

新陳代謝が激しいアニメ界隈ですが、彼女のような稀有な存在は聞き手としても大事にしていきたいですね!

なんにせよシングル発売おめでとう!!

 

麗奈ちゃんとChimaさんでプレイリスト作りました!

お試しあれ!

気に入ったら是非シェアしてくだされ!